無料アクセス解析

アレクセイ・ミーシン:リーザは、人間の可能性には限界がないということを信じさせてくれた

リーザの誕生日に?行われたミーシン・コーチのインタビューがありましたので紹介します。GPFについてのコメントです。

アレクセイ・ミーシン:リーザは、人間の可能性には限界がないということを信じさせてくれた


http://fsrussia.ru/intervyu/1617-aleksej-mishin-liza-utverdila-vo-mne-veru-v-bezgranichnost-chelovecheskikh-vozmozhnostej.html
オリガ・エルモリナ / ロシアスケート連盟公式 / 2015/12/17

(前略)

(グランプリファイナルで最も強く印象に残った選手の結果についてコメントいただけますか?)

言うまでもなく選手たちの演技を追っていた。まず挙げたいのは、女子で優勝したエヴゲニヤ・メドヴェデワだ。今シーズン、メドヴェデワは新鮮でとてもおもしろく見え、柔らかなスケーティング、自信を持った滑りを見せてくれているというのは、これまでにも話してきたことだ。つまり、この優勝はまったく相応しいものだといえる。

レーナ・ラジオノワも、前と変わらずファンタスティックな戦いを見せている。彼女は今、簡単ではない時期を迎えている。自分の身体に適応するのがかなり難しいだろうが、それでも勝利に向けた強い意志を見せてくれている。

クセニヤ・ストルボワとヒョードル・クリモフ組の演技は、率直に感動した。なんの誇張もなく、最近見たペアの滑りの中ではもっとも完全なものだった。

ここで比較をするのは相応しくないが、川口悠子の勇壮さにも驚かされた。ひどい転倒を2度もしたのに、フリーを意気高らかに滑りきって、ウルトラCのエレメンツをやりきった。ストルボワ・クリモフ組、川口・スミルノフ組、そして女子に対する賛辞は心から発している。


(ファイナル後、羽生結弦の記録について多くの人が議論をしています。この到達点が近いうちに書き換えられることはあるのでしょうか、どうお考えですか?)

羽生が見せた記録は素晴らしいものだった。歓喜や、驚きさえも呼ぶものだ。指摘したいのは、なによりもまず彼のプログラムの技術の部分だ。そんなに前のことではないが、私の教え子であるジェーニャ・プルシェンコやアレクセイ・ヤグディンが、クワドトウを2回、トリプルアクセルを2回、そのうち1つはコンビネーションで跳んでいたときは、この記録は破られることはないだろうと思われた。しかし時は経ち、多回転ジャンプがほぼノルマにんってしまった。羽生という素晴らしく、並外れたスケーターが今回見せた記録にも、同じことが起こるだろう。


(12月17日はリーザの誕生日です。彼女に何を願いますか?)

つまらないことは言いたくないけど、幸せを願うよ。女の子、女性には人生のさまざまな時期に、喜ぶべききっかけがたくさんある。仕事での成功を達成したときも。リーザについては、スケートでの勝利だろう。彼女に愛する夫や家族、子供が現れるときも。リーザがおばあさんになって、別の、しかしもっと面白い人生を迎えるだろう。つまり、彼女の役割すべてにおいて、リーザが幸せであるよう願いたい。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

エヴゲニー・ルカヴィツィン:羽生結弦はガガーリンだけれども、ガガーリンだって地球に戻ってきた(前)ともに成功を追求できる素晴らしい選手たちがいる | Home | ロシア選手権2016:女子出場予定者SBランキング & 2000年以降のナショナル順位一覧

コメント

コメントの投稿


非公開コメント