無料アクセス解析

エヴゲニー・ルカヴィツィン:羽生結弦はガガーリンだけれども、ガガーリンだって地球に戻ってきた(後)ヤグディンやプルシェンコには誰も近づくことさえできなかった時代があった

ルカヴィツィンコーチのインタビューの後編です。

エヴゲニー・ルカヴィツィン:羽生結弦はガガーリンだけれども、ガガーリンだって地球に戻ってきた(前)ともに成功を追求できる素晴らしい選手たちがいる

エヴゲニー・ルカヴィツィン:いま、羽生結弦はガガーリンだけれども、ガガーリンだって地球に戻ってきた


http://www.sovsport.ru/gazeta/article-item/869019
アンドレイ・シモネンコ / Sovsport.ru / 2015/12/20

続き

【人は断固たる権利を持っている】


(自然と選手たちの話題に移りましたので、今度はこんなことをうかがいたく。ドミトリー・アリエフやアリサ・フェジチキナは、あなたのグループでジュニアグランプリファイナルに出場することができましたが、将来の羽生や浅田真央になりたいのでしょうか。)

絶対に言えるのは、彼らは素晴らしいフィギュアスケーターになりたいということだ。素晴らしい結果を出したいと考えている。とても高い目標を自分に立てていることは正確に理解しているし、彼らは練習でその目標に向かう意欲を見せている。時には彼らを抑えるなくてはならなくなることもある。私がシニアの選手と大会に出ているときに、ジーマ(アリエフ)がクワドルッツを跳んでみた映像を送ってきたことがある。もちろん、彼が手にしてきた成功によって、新たなエレメンツ習得に突き動かされることは賞賛に値するが、何もないところで偶然の怪我を起こさないよう、冷静さを保つことも必要だ。意欲という点については、同じことがアリサについても言える。自分の中で多くを抑えて入るが、野心も目標も強い性格も彼女は持ち合わせている。


(「ロシアに男子シングルはない」といったフレーズが投げかけられるように、ロシアのスケートファンの多くや、専門家の中にも、絶対的にこんな考えをすることについては気にさわらないでしょうか。)

ロシアでは、スポーツでの最高の到達点はたった1つの場所、1位しかないとずっと思われてきたのは事実だ。ソヴィエト時代からの伝統と言える。だから、人がそういった言葉を言う権利はある。しかし私たちは、その状況を変えるべく、練習をし、持てる力、知識、能力をすべて捧げている。歴史というのは、波のように進む。ヤグディンやプルシェンコには誰も近づくことさえできなかった時代があった。今は時代が変わった。悲嘆に暮れて何もかもが悪いと言うのに何の意味がある?スクールを閉じて、男子シングルはもうやらないと言えばいいのか。


(2位は負けだという考え方が、陸上競技ので大いなる不幸(ドーピング問題)につながったのではないかと疑います。どんな代価を支払ってでも勝たなくちゃけないという。)


もう一度繰り返すが、そういう考え方をする人を非難するつもりはない。そういったタイプの人の多くは、違った考え方ができない。しかし、絶対に言えることがある。腕を下ろすつもりはない。スローガンで話したくはないが、私を降伏させ戦うのをやめさせるものが何かはわからない、とうのが正直なところだ。


(つまり、羽生は、ロシアにとって刺激剤だと。)

そのとおり。インタビューで、結弦の凄さをウサイン・ボルトやマイケル・フェルプス、セルゲイ・ブブカと比肩するものだとすでに話している。今、結弦はもうユーリー・ガガーリンのようだ。しかし、気持ちは冷めない…。


(ガガーリンも地球へと戻ってきましたし、ニール・アームストロングも月から戻ってきましたしね。)

そのとおり。結論を出して、この先も仕事をするしかない。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

男子SPのTESとPCSの散布図を作ってみた | Home | エヴゲニー・ルカヴィツィン:羽生結弦はガガーリンだけれども、ガガーリンだって地球に戻ってきた(前)ともに成功を追求できる素晴らしい選手たちがいる

コメント

コメントの投稿


非公開コメント