無料アクセス解析

ロシア選手権2016プレビュー【男子編】(1/2)

まだ最終的に誰が出るかわからないけど明日には滑走順の抽選があるロシア選手権。とりあえず、ほぼ出るのが確実と見られる注目選手12名について、簡単に紹介したいと思います。ロシア選手権観戦のお供になれば幸いです。

まずは男子から。かなり長くなってしまったので、2つのエントリに分けています。順番は年齢順です(下記リンク参照)。

ロシア選手権2016プレビュー【男子編】(1/2)(このエントリ)
ロシア選手権2016プレビュー【男子編】(2/2)



【参考】
ロシア選手権2016:詳細日程、ライブ放送予定
ロシア選手権2016:男子出場予定者SBランキング & 2000年以降のナショナル順位一覧
男子スケーター年齢一覧


ロシア選手権2016:男子注目選手


1.コンスタンチン・メンショフ
・1983/2/23生(32歳)
・コーチ:エヴゲニー・ルカヴィツィン
・プログラム(振付)
 SP:Rotting Romance(グリンカ)
 FS:Mad World/Radioactive(モロトフ)
・国際戦SB:
 SP:86.15(GPSアメリカ)
 FS:153.79(GPS日本)
 合計:233.58(GPS日本)(今季ロシア勢で6位)

ショートでクワド2本、フリーでクワド3本の驚異の構成を継続する32歳。ショートは昨年から引き継ぎのプログラムで前半に4T-3T、4Sを組み込む。ジャンプが決まると90点を目指せる構成。今季のフリーはまだノーミスで滑れていないが、技術構成的には世界最強。後半までスタミナが持つかどうかが見どころ。ショートもフリーも、音楽も振付も他に似た人がいないメンショフさんワールドに仕上がっているので、見ていて新鮮。昨シーズンのナショナルではザヤで表彰台を逃し、ユーロ・ワールド派遣を逃した経緯があり、今季への意気込みは計り知れない。

SP(GPSアメリカ)

FS(GPS日本)



2.セルゲイ・ヴォロノフ
・1987/10/3生(28歳)
・コーチ:エテリ・トゥトベリゼ
・プログラム(振付)
 SP:Butterflies and Hurricanes(バトル)
 FS:Caruso/At last/Big Time Boppin'(ズーリン)※
・国際戦SB
 SP:84.53(NRW杯)
 FS:160.43(GPSロシア)
 合計:244.60(GPSロシア)(今季ロシア勢4位)

今シーズンはSPもFSも振付をジェフリー・バトルに依頼し、まったく新たな装いでスタートするも、本人の納得する結果が出せなかったのか、ロシア選手権直前にフリーは昨年のプログラムに戻すと発表。ショートでは4T3Tと、男子では珍しい3Loの単独ジャンプを入れてくる。フリーでは4T2本、3A2本の構成。怪我のため長らくルッツをプログラムに入れていなかったが、昨シーズンからルッツが復帰(なお、フリップは(おそらく)エッジエラーのため入れていない)。3Aへの雄大な助走は必見。11年連続ロシア選手権入賞、ここ2年は連続でユーロ表彰台に乗っている。フリーは盛り上がり必至の楽しいプロ。

SP(NRW杯)

※FS(GPSロシア) 今季プロ

※FS(国別対抗戦) 昨季プロ(ロシア選手権ではこちらを使用予定)



3.アルトゥル・ドミトリエフ
・1992/7/9生(23歳)
・コーチ:アレクセイ・ミーシン
・プログラム:
 SP:パリの散歩道
 FS:ゴッドファーザー
・国際戦SB:
 SP:86.18(ボルボオープン)
 FS:165.26(ボルボオープン)
 合計:251.44(ボルボオープン)(今季ロシア勢1位)

ミーシン、ブヤノワ、モロゾフと様々にコーチを変えながら練習してきたドミトリエフJr(父はペアで2度のオリンピック金メダリストのアルトゥル・ドミトリエフ)。2014年にミーシンの下へと戻るも、昨年度のロシア選手権では病気のためフリーを棄権してしまう。今年は国際戦2戦ともに優勝、国際線SBではロシア人男子トップとなっている。流れのあるジャンプの安定性が光っている。

SP:アイスチャレンジ


FS:アイスチャレンジ



4.ゴルデイ・ゴルシコフ
・1993/2/11生(22歳)
・コーチ:エヴゲニー・ルカヴィツィン
・プログラム:
 SP:Sex Revolution
 FS:白鳥/フランチェスカ・ダ・リミニ
・国際戦SB:
 SP:76.50(ゴールデン・スピン)
 FS:147.00(オンドレイ・ネペラ杯)
 合計:223.25(オンドレイ・ネペラ杯)(ロシア人11位)

着実に力をつけてきて、昨年のナショナルでは5位(自己最高位)。4回転はないものの、滑りが綺麗でPCSで高い評価を受けている。ショートはロックで男らしい滑りを、フリーは雄大な音楽と激しい音楽で緩急のついた滑りで世界観を体現。音楽の編集が・・・?キャメルスピンと、ジャンプの着氷姿勢がストレッチしてて美しい。

SP:ロシアカップ

FS:オンドレイ・ネペラ杯



5 ミハイル・コリャダ
・1995/2/18生(20歳)
・コーチ:ワレンチナ・チェボタレワ
・プログラム:
 SP:ヌーパガジー
 FS:ナイトメア・ビフォア・クリスマス
・国際戦SB:
 SP:84.33(オンドレイ・ネペラ杯)
 FS:168.33(GPSロシア)
 合計:247.97(GPSロシア)(ロシア人3位)

一昨年はロシア選手権のフリーで靴紐が切れ涙の棄権、昨年はGPSロシアに派遣が決まるも足の骨折で出場できなかったという経緯の持ち主が、今季満を持して活躍を開始。ショートもフリーもコミカルな演技がはまって、フリーではロシア人最高成績。4回転も安定して決めており、今年一番の成長株。どのジャンプも加点がつく綺麗なジャンプだが、アクセルが大きく美しい。ショートはロシア人の通過儀礼?とも言えるアニメ「ヌーパガジー」の曲で、笑えるマイムで踊りまくり。フリーは細かいマイムが面白い振付になっているけれども、全体としては爆走で力強さを見せるプロになっている。

SP:オンドレイ・ネペラ杯

FS:GPSロシア



6 モリス・クヴィテラシヴィリ
・1995/3/17生(20歳)
・コーチ:エテリ・トゥトベリゼ
・プログラム:
 SP:I Believe I Can Fly
 FS:Sixteen Tons/Hogfat Blues/I Put A Spell On You
・国際戦SB:
 SP:75.79(モルドヴィアン・オーナメント)
 FS:154.45(モルドヴィアン・オーナメント)
 合計:230.24(モルドヴィアン・オーナメント)(ロシア人7位)

昨シーズンからシニアに上がるもなかなか成績が安定しないモリス。アクセルを苦手としてSPとFSにそれぞれ1本ずつしか入れてないが、そのアクセルを良くパンクするのでファンは毎回アクセルが決まることを祈る。最近良く決まっているのだが、その分4回転がどこかに行くことが多くて困る。トウループとサルコウの見分けがつかない第1人者。ロシア男子にしては珍しくフリップが得意(ルッツが苦手)。180cmもある身長を活かしたダイナミックな滑りが特徴だが、ショートもフリーも不思議な編曲と不思議な踊りも特徴。

SP:モルドヴィアン・オーナメント

FS:モルドヴィアン・オーナメント


続く

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

ロシア選手権2016プレビュー【男子編】(2/2) | Home | 2015後半フィギュアスケート書籍表紙コンテスト第1次予選(64冊) 投票結果

コメント

コメントの投稿


非公開コメント