無料アクセス解析

ロシア選手権2016プレビュー【男子編】(2/2)

まだ最終的に誰が出るかわからないけど明日には滑走順の抽選があるロシア選手権。とりあえず、ほぼ出るのが確実と見られる注目選手12名について、簡単に紹介したいと思います。ロシア選手権観戦のお供になれば幸いです。

まずは男子から。かなり長くなってしまったので、2つのエントリに分けています。順番は年齢順です(下記リンク参照)。

ロシア選手権2016プレビュー【男子編】(1/2)
ロシア選手権2016プレビュー【男子編】(2/2)(このエントリ)

【参考】
ロシア選手権2016:詳細日程、ライブ放送予定
ロシア選手権2016:男子出場予定者SBランキング & 2000年以降のナショナル順位一覧
男子スケーター年齢一覧


ロシア選手権2016:男子注目選手


続き

7 マクシム・コフトゥン
・1995/6/18生(20歳)
・コーチ:エレーナ・ブヤノワ
・プログラム(振付):
 SP:I Can't Dance(チェルヌィシェフ)
 FS:ベートーベン・メドレー(チェルヌィシェフ)
・国際戦SB:
 SP:86.82(GPSフランス)
 FS:163.24(モルドヴィアン・オーナメント)
 合計:236.38(モルドヴィアン・オーナメント)(ロシア人5位)

ロシア選手権2連覇中のコフトゥン。SPで2本、フリーで3本の4回転を入れる最高難度だが、なかなかまとめられていない。今年のプログラムは両方ともチャレンジングなプログラム。SPはジェネシス(プログレッシブ?)で、フィギュアスケートではあまり見ない感じのダンスの振付。楽しそうなのが良い。前半に3つのジャンプを固め打ちして成功率を高める戦術。フリーではベートーベン・メドレーで正統派を見せかけながら実はコミカル路線?居眠りマイムいい。今季から3Loを入れて基礎点を上げている。実はスピンのポジションが面白い。地元開催のロシア選手権で3連覇なるか。

SP:GPSのフランス

FS:モルドヴィアン・オーナメント



8 アントン・シュレポフ
・1996/3/30生(19歳)
・コーチ:エヴゲニー・ルカヴィツィン
・プログラム:
 SP:Stay (30 seconds to Mars)
 FS:(不明)
・国際戦SB:
 SP:78.64(ワルシャワ杯)
 FS:144.88(ワルシャワ杯)
 合計:223.52(ワルシャワ杯)(ロシア人10位)

SPはMUSEに合わせた叙情的な振付を見せてくれてる。4回転はないが身体の使い方がすごく上手な選手。フリーは全ミュートなのでプログラムわからず…。これは、ライブで見るしかない(笑)。ステップでよく引っかかってるような気が。





9 アジヤン・ピトケーエフ
・1998/5/16生(17歳)
・コーチ:エテリ・トゥトベリゼ
・プログラム:
 SP:Pain/Appassionata(グレイヘンガウス)
 FS:ミッション(ズエワ)
・国際戦SB:
 SP:87.54(GPSロシア)
 FS:162.93(GPSロシア)
 合計:250.47(GPSロシア)(ロシア人2位)

昨年はシニアとジュニアを兼任しユーロで7位、ジュニアワールドで5位。今年はやはりGPSロシアで素晴らしい演技で銀メダルとなったことが挙げられる。日本での認知度もかなり上がったみたい。4Tを1回ずつSPとFSに組み込む。身のこなしが洗練されていて、SPではもの悲しげな上品な演技を見せてくれている。フリーでは前半の柔らかな部分と中盤の激しいステップの緩急が見どころ。

SP:GPSロシア

FS:GPSロシア



10 アレクサンドル・サマリン
・1998/6/15生(17歳)
・コーチ:エレーナ・ブヤノワ
・プログラム:
 SP:C'est toi
 FS:パールハーバー
・国際戦SB:
 SP:78.20(モルドヴィアン・オーナメント)
 FS:150.88(JGPSクロアチア)
 合計:225.27(ワルシャワ杯)(今季ロシア人9位)

昨年からシニアとジュニアを兼任、今年もJGPSクロアチアで優勝し、ワルシャワ杯ではシニア初の金メダルを獲得。4回転はFSに組み込む。SPでは軽いフレンチ・ポップスに合わせた軽快な演技を、フリーでは本人曰く軍人になりきって演技。フリーでは最後につけたシニアのコレオシーエンスまでどれだけ体力を残して滑りきれるか。

SP:ワルシャワ杯

FS:ワルシャワ杯



11 アレクサンドル・ペトロフ
・1999/4/26生(16歳)
・コーチ:アレクセイ・ミーシン
・プログラム(振付):
 SP:ラ・レイエンダ・デル・ベソ(ランビエール/プロコフィエワ)
 FS:オブリビオン/Building the Bullet(リショー)
・国際戦SB:
 SP:75.80(ニース杯)
 FS:149.58(GPSカナダ)
 合計:221.02(GPSカナダ)(今季ロシア人12位)

シニアのロシア選手権にもう3年も出てるから二十歳くらいなのかと思ったらまだ16歳だった。昨年のロシアジュニア選手権金メダリスト。今年はジュニアの大会には出ていない。まだ4回転は入れてないが、GPSカナダでは見た目ノーミスで観客を沸かせた。SPの中東チックな黄土色の衣装はタラソワにボロクソに言われてたが、とても格好良いプロに仕上がってる(ランビ振付はどのくらい残ってるのだろうか…?)。フリーは激しいステップで魅了してくれる。腕の使い方、緩急の付け方が上手い。

SP:GPSフランス

FS:GPSカナダ



12 ドミトリー・アリエフ
・1999/6/1生(16歳)
・コーチ:エヴゲニー・ルカヴィツィン
・プログラム(振付):
 SP:Nothing the same(グリンカ)
 FS:ノートルダム・ド・パリ(グリンカ)
・国際戦SB:
 SP:76.78(JGPF)
 FS:155.60(タリン杯)
 合計:226.72(タリン杯)(今季ロシア人8位)
 
最近急成長の注目株。2013年までは青空リンクで練習。JGPFでは銀メダル獲得しつつ、チャレンジャーシリーズではシニアのプログラムを滑る。ジュニアプロではSPに4回転を入れていない(入れられない)が、シニアプロではSPにも4T3Tを入れている(その代わり、くるくるランジフリップがない)。そのくるくるランジからのフリップは、シニアでもフリープロに入っているのでそちらを楽しみに。3Aの安定感が非常に高く、3A1Lo3Sをフリーで組み込む。ジャンプの安定感だけでなく、滑りの質もJrではトップレベルの評価。

SP:JGPF

FS:タリン杯


(終)

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

ロシア選手権2016出場者決定:ストルボワ/クリモフ組、ガチンスキーは不出場 | Home | ロシア選手権2016プレビュー【男子編】(1/2)

コメント

コメントの投稿


非公開コメント