無料アクセス解析

ロシア選手権2016プレビュー【女子編】(1/2)

やっと出場者がほぼ確定したロシア選手権、女子についてのプレビューです。年齢順に簡単に紹介していきます。後編は少し遅れます…。

ロシア選手権2016プレビュー【女子編】(1/2)(このエントリ)
ロシア選手権2016プレビュー【女子編】(2/2)

男子編はこちら

【参考】
ロシア選手権2016:詳細日程、ライブ放送予定
ロシア選手権2016出場者決定:ストルボワ/クリモフ組、ガチンスキーは不出場
ロシア選手権2016:女子出場予定者SBランキング & 2000年以降のナショナル順位一覧
スケーター年齢:女子

ロシア選手権2016注目選手:女子


1 アリョーナ・レオノワ
・1990/11/23生(25歳)
・コーチ:エヴゲニー・ルカヴィツィン
・プログラム(振付)
 SP:チャップリン・メドレー(グリンカ)
 FS:サマータイム/監獄ロック/イン・アザー・ワーズ/シング・シング・シング
・国際戦SB
 SP:68.52(ニース杯)
 FS:114.38(ゴールデンスピン)
 合計:178.59(今季ロシア人9位)

ワールド2012銀メダリスト、現在のロシア女子の盛り上がりにつなげた第一人者。観客に表現を伝える力はピカイチで、SPもFSも楽しいプログラムに仕上がってる。SPは昨年からの継続のチャップリン。最初から最後まで滑りとマイムで魅せてくれる、面白いプロ。昨シーズンは鉄板で60点台後半を連発していたが、今年はなかなかまとまらない。フリーは今シーズンの途中で明るいプロに変えてきた。変な編曲を逆手に取ったプロ。FSは昨シーズンからノーミスがない。昨シーズンからルカヴィツィン・コーチに師事し、ルッツのエッジ矯正に成功。ロシア選手権の初タイトルを目指す。

SP:ニース杯

FS:GPSカナダ



2 マリヤ・アルテミエワ
・1993/3/11生(22歳)
・コーチ:エヴゲニー・ルカヴィツィン
・プログラム(振付):
 SP:At Last(グリンカ)
 FS:ショパンメドレー(グリンカ/メンショフ)
・国際戦SB:
 SP:61.21(ネペラ杯)
 FS:116.06(モルドヴィアン・オーナメント)
 合計:177.21(ネペラ杯)(今季ロシア人10位)

彼シャツの彼女。怪我などを越え、昨シーズンのロシア選手権では最高位の8位。儚げな印象から繰り出される高いルッツが得意。SPはバレエの練習着みたいな衣装で柔らかな演技を見せる。フリーは昨年からの継続プロで、振付にメンショフさんも参加した異例のプロ。日本では彼シャツプロとして有名なアレだが、白いワンピースで滑るときもあるので正式衣装が何かは不明。今季はジャンプの難度を少し落として完成度で勝負を挑む。

SP:ネペラ杯

FS:モルドヴィアン・オーナメント



3 アデリナ・ソトニコワ
・1996/7/1生(19歳)
・コーチ:エレーナ・ブヤノワ
・プログラム(振付)
 FS:ある恋の物語(タガエワ)
 FS:Je suis malade(タガエワ)
・国際戦SB:
 SP:75.57(モルドヴィアン・オーナメント)
 FS:128.32(モルドヴィアン・オーナメント)
 合計:203.89(モルドヴィアン・オーナメント)(今季ロシア人4位)

言わずと知れた五輪女王、ロシア選手権4度の金メダル。まだ19歳だがロシアだと上から3人目に…。昨シーズンは怪我などでパス、今シーズンから復帰するも、ジャンプやスピンはまだ本調子には戻っていないようだが、力強い滑りは以前と変わらず。SPは、昨年のテレビ番組出演で鍛えたダンスを活かした激しいラテンナンバー。FSはジャッジに突っ込む振付だったマラードだが、そこは変更になったようです。ステップでの深いエッジでぐんぐん進むのが見せ場。ジャンプの調子をどこまで戻せるかが戦いの鍵。

SP:モルドヴィアン・オーナメント

FS:GPSロシア



4 エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ
・1996/12/17生(19歳)
・コーチ:アレクセイ・ミーシン
・プログラム(振付):
 SP:ボレロ(スメカロフ)
 FS:ペール・ギュント(ランビエール)
・国際戦SB:
 SP:69.48(ゴールデン・スピン)
 FS:133.62(GPSカナダ)(今季ロシア人5位)

言わずと知れた昨年の世界女王。トリプルアクセルを武器に今年も世界を狙う。今シーズンは両プログラムとももともとランビエール振付だったが、SPはプロコフィエワ振付のカルミナ・ブラーナに変更と思いきや、さらに昨シーズンのボレロに戻す。フリーはランビエール振付(ミーシンチームアレンジ)のペール・ギュントで、世界女王としての新しいリーザ像を見せる。今シーズンは(も?)SPで出遅れることが多く、SPの安定が鍵か。トリプルアクセルに注目が集まるが、後半3-3や素晴らしいセンタリングのスピンも。他の人にはない優雅な腕の使い方が特徴。

SP:※カルミナ・ブラーナ(ワルシャワ杯)(以前のプロ)

SP:ボレロ(ゴールデンスピン)

FS:GPSカナダ



5 アンナ・ポゴリラヤ

・1998/4/10生(17歳)
・コーチ:アンナ・ツァリョーワ
・プログラム(振付):
 SP:ヴァイオリンと管弦楽のためのボレロ(モロゾフ)
 FS:シェヘラザード(モロゾフ)
・今季国際戦SB:
 SP:72.26(モルドヴィアン・オーナメント)
 FS:141.81(モルドヴィアン・オーナメント)
 合計:214.07(モルドヴィアン・オーナメント)(今季ロシア人2位)

2年連続ワールド出場、昨年はユーロで初の台乗りも果たしたポゴリラヤ。今シーズンは成績が安定していないが、モルドヴィアン・オーナメントではSPFSともに素晴らしい演技を見せた。今季は振付をニコライ・モロゾフに依頼し、両プロとも美しいハマりプロに仕上がっている。SPでは後半に向けて滑りが盛り上がっていき、ステップでのタメと激しさが印象的。エラーが付くフリップはフリーのみ。フリーでも激しいステップやトランジションで長い手足を効果的に魅せる。苦手だったアクセルもほぼミスしなくなったが、ロシア選手権ではジャンプを安定して降りられるかが課題。転ぶときはとても痛そうな転倒になる。

SP:モルドヴィアン・オーナメント

FS:モルドヴィアン・オーナメント



6 ユリヤ・リプニツカヤ

・1998/6/5生(17歳)
・コーチ:アレクセイ・ウルマノフ
・プログラム(振付):
 SP:プレスリー・メドレー(ズエワ)
 FS:レニングラード(ズエワ)
・国際戦SB:
 SP:65.63(GPSフランス)
 FS:109.52(フィンランディア杯)
 合計:172.33(フィンランディア杯)(今季ロシア人12位)

ソチ五輪団体金メダリスト、2014ワールド銀メダリスト。最近コーチをウルマノフコーチに変更し、ソチへと移籍。心機一転でロシア選手権初タイトルを目指す。今年は両プログラムともズエワ振付、SPはプレスリーメドレーで新しいイメージを打ち出した。最初のレインボー衣装から黒基調の大人っぽい衣装へ。ステップでは笑顔で軽やかな滑り。フリーは悲しげな曲に乗せて大きな滑りを見せる。専売特許のスピンは相変わらず。

SP:GPSフランス

FS:フィンランディア杯


テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

ロシア選手権2016:ショート滑走順 | Home | 2015後半フィギュアスケート書籍表紙コンテスト第2次予選(16冊+α) 投票結果

コメント

コメントの投稿


非公開コメント