無料アクセス解析

[ロシア記事]2016年予想:2016ボストン・ワールド

みなさま、明けましておめでとうございます。今年も本ブログやTwitterをよろしくお願いします。

新年第1弾は、Championat.com記者のワールド大胆予測です。言い切るのがすごい(というか、言い切るように言われてるでしょうけれど…)。



2016年予想:2016ボストン・ワールド


http://www.championat.com/other/article-238389-ministr-sorvjotsja-oshhushhenie-ostanetsja-prognozy-na-2016-god.html
デニス・コズロフ / Championat.com / 2016/1/2

1.女子スケーターはみな恐ろしく思う「成長期」がエヴゲニヤ・メドヴェデワを包み、今のように安定してジャンプを跳べることはもうなくなるだろう。しかし、ワールド2016では、日本の宮原知子も、開催国のグレイシー・ゴールドやアシュリー・ワグナーもまだメドヴェデワの勝利を止められないだろう。

2.ジャンプの天才ボーヤン・ジンは、予定されている6つの4回転ジャンプをすべてクリーンに着氷できる。しかし、それでも3位になる可能性しか与えられない。それ以上は、PCSが足りないからだ。ワールドは羽生結弦が優勝するだろう。最近の記事では、彼の世界記録予想はしないとした。違うことを予想したほうがいいだろう。ボストンのエキシではクワドループを見ることになる。

3.ペアではクリーンさと難度の争いが続く。デュハメル/ラドフォード組は2度目のスロー4回転はできない。ストルボワ/クリモフ組もミス無しではいかず、ヴォソロジャル/トランコフ組は怪我で出場を取り止める。この場合、優勝は中国のスイ/ハン組となろう。

4.アイスダンスでは、あまりに競争が激しく、優勝候補全員が緊張でミスを避けられず、勝利はコンマ一点か、コンマゼロ一点で決する。1位から5位までが3点以内の差となろう。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

ドミトリー・アリエフ:ペテルブルクやウフタの代表というよりも、ロシアの代表として滑っている | Home | 2015年に最も読まれた記事:タラソワ、羽生、メドヴェデワ、プルシェンコ、町田、浅田、ふかふかしたクマ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント