無料アクセス解析

ドミトリー・アリエフ:今は羽生を追いかけなくてはいけない(1)結弦が滑っているレベルにまで成長できる

ユースオリンピックで銅メダルを獲得したドミトリー・アリエフのインタビューがR-Sportに掲載されていましたので、4回に分けて紹介します。あれこれさんで一部翻訳されていますが、手を付けてしまっていたので…。

ドミトリー・アリエフ:今は羽生を追いかけなくてはいけない(1)結弦が滑っているレベルにまで成長できる
ドミトリー・アリエフ:今は羽生を追いかけなくてはいけない(2)ダニエルとは出会って3時間で仲良くなった
ドミトリー・アリエフ:今は羽生を追いかけなくてはいけない(3)パトリックや結弦のようなトップ選手の「殺し合い」を僕たちは見ている
ドミトリー・アリエフ:今は羽生を追いかけなくてはいけない(4終)「仮面の男」のヤグディンの動き1つ1つを真似していた



ドミトリー・アリエフ:子供の頃はノールトゥグを追いかけていたけど、今は羽生を追いかけなくてはいけない


http://rsport.ru/interview/20160224/897981844.html
アナトリー・サモフヴァロフ / R-Sport / 2016/2/24


弾薬が1つしか残っていないときは…


(ドミトリー、リレハンメルではかつてシニアのオリンピックが開催され、アレクセイ・ウルマノフが優勝したという意識はありましたか?)

ええ、本当にオリンピックの雰囲気があった。


(今年、羽生結弦の信じがたい滑りや、ボーヤン・ジンの4回転6回という新たな技術的挑戦によって、過去のスケーターの多くが地面に引き下ろされました。こういった天才的な芸当のブームの中で、ジュニアであるあなたは何を持ってその世界へと入っていくのでしょうか。)

そう、トップエリートは異常なまでのスケーティングのレベルだ。羽生結弦やパトリック・チャン、ハヴィエル・フェルナンデスにはそれがある。僕には選択肢はない。残されているのは、同じような成績にたどり着くということたった1つ。引退?フィギュアスケートが逃してくれなくて、いつも滑って滑って滑りたいんだ。そしてクリーンな滑りは、鎮痛剤のようなもの。それができるから、リンクから離れることができない。クロスカントリーでも悪くない選手だったけれど、フィギュアスケートを選んだのは偶然じゃない。スケートを愛してる。だから、羽生を見ても、怯えるような感情はまったくない。一番大切なのは、質の高いシーズンだという感覚。それが自分の中にあれば、自分が誰と比べられようと、自分についてどんな予想が書かれようと全く関係ない。難しいエレメンツで喜びを感じて、次の朝にはプログラムをもっと難しくしてやろうという思いでリンクに来る。そして、そういった過程の中で、結弦が滑っているレベルにまで成長できるということを理解できる。


(彼のようにジャンプを跳び、しかもプログラムの中に自然に溶け込んでいる、というのは現実的なのでしょうか。)


目標を立てることは必要だけど、先を見る必要はない。


(興味深いアプローチですね。)

僕は目の前の階段の段を1つずつ見ていて、その段の後ろにはまた別の段があるということを知っているだけ。でも今は、それがどんなに急な段なのかは関係ない。大事なのは、練習して、望むこと。


(しかし、先を見ないということは、夢を見ないということでは?)


夢を見ることはいつも役に立つ。自分がまるでもう金メダリストになったというような信じがたい感覚を捕まえて、首にオリンピックのメダルがあると想像するのは、悪いことじゃない。でも、それを悪用してはいけない。人の不幸を喜ぶことにつながるから。大切なのは今ここで起きていることだけだと、コーチは教えてくれる。最近はプログラムのことをよく考えてたんだけど、考えたことはうまく行かなかった。今は、昨日はもう返ってこないし、明日はまだ来ていない、あるのは今ここだけだということをいつも覚えておくようにしてる。


(「今ここで」ということは、目の前の勝利という文脈でも言われることで、これも先延ばしにしてはいけません。)


それも正しい。銃は必要な瞬間に必要な場所を撃たなければいけない。弾薬が1つしか残っていないときは…。つまり、プログラムに残ってるエレメンツがあと1つだけというとき、今ここがまさに撃つときであり、そうすれば表彰台だと自分を引っ張るんだ。


(その最後の瞬間は、冷静な頭で引き金を引くのか、あるいは反対に激しい感情で引き金を引くのでしょうか。)


それはどのように教えられたかによる。滑っているときは、みんな違う気持ちだ。血管が破裂するまで爆発するのが合ってる人もいて、それでもうまく行くんだ!慎重に、冷静な頭で正確に撃つ人もいる。それで滑り切るんだ。これも1つの道。


(あなたは?)


僕は冷静派。でも演技の最中に興奮してくるときは、自然に現れた感情を消すのは危険だから、血管が破裂する勢いで最後まで行く。疲れることもあるけれど、すべて素晴らしくできて、音楽が最後のコードを鳴らして、観客が歓喜してると、演技の始まりよりももっと大きな力が生まれるんだ。前日のショート前よりももっと。


(しかし、体力が尽きようとしているとき、冷静な頭に切り替えるのは難しいのでは。)

そういうこともある。力が尽きて集中するのがとてつもなく難しいことも。それでまた最後のエレメンツについて考えてしまったりして、「自分の運命が決まる」といった背信的な思いがその後ろにはあって、2秒くらいのあいだに何百もの余計な思いが頭をよぎってしまう。そこで耐えるよう頑張るんだ。つまり、体力がなくなった時に自分をコントロールすることを、僕はまだ学ばなくてはいけないということ。

続く

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

ドミトリー・アリエフ:今は羽生を追いかけなくてはいけない(2)ダニエルとは出会って3時間で仲良くなった | Home | 四大陸選手権2016:観戦関連情報まとめ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント