無料アクセス解析

アリサ・フェジチキナ:「かわいらしい女の子」を演じてる(前)練習でうまくいかないと、リガの怒りを思い出す

ドミトリー・アリエフのインタビュー記事を紹介しましたが、今回はその公認?の彼女であるアリサ・フェジチキナのインタビューを前後編で紹介します。

アリサ・フェジチキナ:「かわいらしい女の子」を演じてる(前)練習でうまくいかないと、リガの怒りを思い出す
アリサ・フェジチキナ:「かわいらしい女の子」を演じてる(後)アシュリーの女性らしさと激しさの融合が好き



アリサ・フェジキチナ:「かわいらしい女の子」を演じてるけど、もっと図々しくなった方がいいと言われる


http://rsport.ru/interview/20160301/899540938.html
アナトリー・サモフヴァロフ / R-Sport / 2016/3/1


サンクトペテルブルクに越してきたのは3年前だけど、私みたいなロストフ人(注:ロシア南部の街、ソチに近い)が慣れていない湿気のある気候だった。最初はこの湿った空気の中で暮らすのがとても大変だったけど、夏には街の美しさが嬉しかったし、今はもう慣れて、練習に何の影響もない。風邪をひくことはあるけど、他のスケーターと変わらない。


ジューバは強い人



(ロストフのことは覚えていますか?)

毎年、合宿前の夏か秋の初めに帰ってる。父と妹と祖母と犬がいるから。


(あなたのことがわかりますか?)

犬が?もちろん!うちのチワワはいつも喜んで出迎えてくれる。それで、帰ってきたら犬なしではどこにもいかないで、一緒にドン川の砂の川辺を走る。家が川の近くだから、休みのうちに2回は水浴びしないとね。泳ぐのも得意だから。


(それから、家を出てペテルブルクに戻ってくるんですね。収容所みたいなところに行ってしまうといった感覚はありませんか?)


ううん、夏も冬も、自由な時間はできるだけジーマ(・アリエフ)と一緒に散歩しようとしてるから。街の中心地や、宮殿広場、映画館にも行くし、行く所があればどこでも。面白いところにも行ったし、怖いところにも。私とジーマ、アリーナ(・ヒョードロワ)、ジアーナ・ペルヴーシキナの4人で「人形博物館」に行ったけど、正直怖かった。私、あんまり臆病でもないんだけど。


(恐怖はスキーヤーの最初の敵ですね。)

フィンランドでスキーを滑ったんだけど、大好きになった。もちろん、リゾート客のためのコースで、プロのコースではないけど、スピードを上げてみたし、ジャンプ台にも入ってみた。怖かったけど、そんなでもなかった。トリプルトウの前よりは怖かったけど。


(フィギュアスケートで怖いものはありますか?)

転ぶのが怖いという人もいるけど、私にはその恐怖はない。転んで、起き上がって、先に行くだけ。子供の頃に、氷の上でも骨折しないような倒れ方を教えてもらった。


(ペテルブルクでサッカーは見に行きましたか?)

Zenitはもちろん見に行った。サッカーは、父みたいには好きではないけど。でも、ロストフのサッカー選手1人覚えてる。ジューバ。すごく大きくて強い人。


(それに、良い人です。)

そうなの?モスクワでホッケーも見に行った。CSKA対トラクトル。でも、やっぱりフィギュアスケートや新体操の方がいい。


(新体操はやったことありますか?)

ううん、リボンを投げたりしてみたことはあるけど、掴むのがうまくいかなかった。大変なスポーツ。


(あなたのコーチ兼振付師のオリガ・グリンカは有名な体操選手ですが、教えてくれませんでしたか?)

彼女とは踊りとストレッチだけ。つまり、フィギュアスケートで必要なもの。


私は泣かない


(体操は追っていますか?)

私が追ってるのはジーマ(・アリエフ)だけ。


(お二人の友情はとても強いものですね。)

私たちがサンクト・ペテルブルクに来たのはほとんど同じ頃。私はロストフからで、彼はウフタから。最初はみんなと同じように、そんなに親しく交流していたわけじゃなかったんだけど、今シーズン親しくなった。なぜか、お互いを本当によく理解しているみたい。


(あなたの名前を使ったカルトな映画はいくつもありますね。どれがお好みですか?)

「アリス・イン・ワンダーランド」。映画じゃなくて、アニメの方のヒロインが私にどこか似てると思う。鮮やかな明るい髪とか。


(「未来から来た彼女」(注:ソヴィエトのテレビドラマ)は見ましたか?)

心を読む機械のやつ?もちろん。面白いアイディアのドラマだけど、「アリス・イン・ワンダーランド」の鮮やかさの方にもっと惹かれる。私自身、生活の中でも、服でも、まだら模様が好き。


(しかし、あなたのプログラムはそこまで子供っぽくはありませんね。)

ショートはオリガ・ゲルマノヴナ(・グリンカ)が振付をしてくれたんだけど、そこでは私は柔らかなドレスを着た貴族の娘で、王子様のことをいつも夢見てるんだけど、王子様は現れないの。フリーはワレンチン・ニコラエヴィチ(・モロトフ)で、子供向けの詩をモチーフにした有名なミュージカルの猫を演じてる。


(年上のスケーターとは交流がありますか?)

ええ、チームの女子はみんな仲良くしてくれるし、アリョーナ・レオノワやジェーニャ・メドヴェデワと特に仲良くしてる。


(涙が滝のように流れるときは、誰が励ましてくれますか?)

私、泣かないけど、何か思い通りにいかないときは、ジーマに全部話す。彼は私を励ましてくれるし、私は彼を励ます。


(涙を呼び起こすものには何がありますか?)

悔しさだけど、そんなにはっきりとしたものではないかもしれない。リガのグランプリシリーズで、3位との差が0.03点とか0.04点くらいだったのを覚えてる。実際はその時は泣かなかったけど、溜まってた感情で怒りが出てきて。その怒りによく煽られる。練習でうまくいかないことがあると、すぐにリガの怒りの記憶を新たにして、すぐにすべて元に戻る。ちっちゃなミスでメダルがもらえないようなことがもうないように、っていう感覚を持ちながら練習してる。

続く

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

アリサ・フェジチキナ:「かわいらしい女の子」を演じてる(後)アシュリーの女性らしさと激しさの融合が好き | Home | ドミトリー・アリエフ:今は羽生を追いかけなくてはいけない(4)「仮面の男」のヤグディンの動き1つ1つを真似していた

コメント

コメントの投稿


非公開コメント