無料アクセス解析

マリヤ・ソツコワ:たった一人のロシア代表になってしまって、ロシアのために滑らなくてはいけないとわかった。

ジュニアワールド2016女子で銀メダルを獲得したマリヤ・ソツコワのインタビューがありましたので紹介します。ツルスカヤ、フェジチキナが相次いで棄権する中で、ロシア唯一の代表として出場するプレッシャーは想像を絶するものだったと思いますが、見事銀メダルを獲得、3枠2枠を獲得しましたね。

※来年のジュニアワールドのロシア女子の枠について
ソツコワ→2ポイント
フェジキチナ→ノーカウント(SP10位以内でFS前に怪我で棄権のため例外規定)
ツルスカヤ→18ポイント(SP前くじ引きに参加しているため出場扱い、FSに進めなかった扱い)

→2人出場で28ポイント以下なので2枠

フェジチキナはSP1位で、例外規定が適用されれば、ロシアは初めから1人出場扱いとなり、2位のソツコワは1人出場で2ポイントということで、ロシアは3枠になる計算。
→ツルスカヤがSPのくじ引きに参加しているため出場扱いになり、FSに進めなかった扱いで18ポイントとなるため、ソツコワ(2)+ツルスカヤ(18)=20で、2枠でした。訂正します。
(参考)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12143932952
http://static.isu.org/media/166717/2014-special-regulation-sandp-and-ice-dance-and-technical-rules-sandp-and-id_14-09-16.pdf(Rule 378)

※追記2
上にリンクを張ったISUルールの適当な仮訳を作りましたので参考まで。

SPECIAL REGULATIONS & TECHNICAL RULES
SINGLE & PAIR SKATING andICE DANCE
2014

Rule 378
2 b)
(前略)選手は、最初のくじ引きに参加した場合、出場したと見なされる。
SP/SDに出場した選手で、FS/FDにクオリファイしなかった選手は、シングル種目では18ポイント、(中略)与えられる。(中略)
しかし、次の理由により危険した選手は、
 - 病気または怪我(ISUメディカルアドバイザーにより確認された場合)
 - (中略)
FS/FDを開始または終了できない場合で、しかしSP/SDで10位以内の場合は、この条項の解釈上、出場しなかったものと見なされる。

フェジチキナ → 例外規定適用で出場しなかったものとみなされる
ツルスカヤ → くじ引き参加後の棄権のため出場したと見なされ、FSにクオリファイしなかったため、18ポイント

マリヤ・ソツコワ:たった一人のロシア代表になってしまって、ロシアのために滑らなくてはいけないとわかった。


http://www.fsrussia.ru/intervyu/2022-mariya-sotskova-ya-ostalas-edinstvennoj-predstavitelnitsej-rossii-i-ponyala-chto-mne-nado-katatsya-za-stranu.html
オリガ・エルモリナ / ロシア・スケート連盟公式サイト / 2016/3/19

(このジュニアワールドでのご自身の演技をどう思われましたか?)

コンディションは悪くなかった。準備状況は良かったと言ってもいい。ショートは、滑りはそんなに悪くなかったけれども、自分の演技にそれほど満足はできなかった。フリーはクリーンに滑って、最大限を見せたかったけど、全部うまくいったとは言えない。


(アリサ・フェジチキナに演技前に起こったことを見ていらっしゃいましたか?)

ええ。ウォームアップでアリサが転んで。全部私の目の前のことだった。アリサは立ち上がることができなくて、医務室に運ばれていった。アリサが出るかどうかわからなかったから、私はもちろんすごく不安になった。それで、アリサがやっぱり棄権だと知って、私がロシアのたった一人の代表になってしまって、ロシアのために滑らなくちゃいけないってわかった。


(こんなに怪我が多いのは、シーズンの終わりだからでしょうか。)

そうとも言えるかもしれない。今、私たちはみんなへとへとに疲れきってるから、そういったものがすべてつながってる。たぶん、女子の身体は単純にこんな圧力に耐えられないんじゃないかな。


(今シーズンの大会の中で、どれがあなたにとって最も難しいものでしたか?)

グランプリシリーズの最初の大会で、たぶん今までで一番良い滑りができた。その後はちょっと停滞。でも、ロシア選手権では集中できて、良い滑りができた。たぶん、一番難しかったのはノルウェーでのユースオリンピックかな。調整がすごく大変で。しかも、ショートもうまく行かなかったし。


(このワールドが今シーズン最後の大会でしょうか。)


いえ、3月21日にモスクワに戻って、21日夕方にはスパルタキアードに出るためにサランスクに向かう。それでシーズンが終わる。新しいプログラムに取り掛かって、それから、またアメリカで練習できればと思ってる。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

エヴゲニー・プルシェンコ:僕が止めるのは、それが必要だと思ったときだ | Home | プルシェンコ夫人:プルシェンコはヘルニアを除去され、頚椎椎間板を置換された

コメント

コメントの投稿


非公開コメント