無料アクセス解析

エヴゲニー・プルシェンコ:僕が止めるのは、それが必要だと思ったときだ

エヴゲニー・プルシェンコの頚椎ヘルニア手術について、Match TVの特集があり、その内容がLenta.ruに一部掲載されていたので、映像とともに紹介します。





プルシェンコ、 4回転ジャンプの着氷を2階からの飛び降りに匹敵すると説明


http://lenta.ru/news/2016/03/22/plush/
Lenta.ru / 2016/03/22

(Match TVで放送されたプルシェンコ頚椎ヘルニア手術特集からの抜粋)

3日後にはもう退院のはず。正直言うと、もう病院にいたくない。まだ話すと少し痛みがある。首の手術だったから。

研究者が調査したところ、4回転ジャンプの着氷が身体に与える負担は、2階の高さから片足で落ちるのに匹敵するらしい。そんなジャンプを僕らは1回の練習で20回、30回、40回と跳ぶんだ。

僕がいつ止めるのかにそんなに興味のある人たちには、自分の人生と仕事だけを追いかけるよう忠告したい。僕が止めるのは、それが必要だと思ったときだ。


テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

2016冬季青少年スパルタキアード女子総合(映像):1コンスタンチノワ2ソツコワ3サハノヴィチ | Home | マリヤ・ソツコワ:たった一人のロシア代表になってしまって、ロシアのために滑らなくてはいけないとわかった。

コメント

コメントの投稿


非公開コメント