無料アクセス解析

タラソワ解説:自分の、全世界の、未来の記録を作り続けてきたから(世界選手権2016羽生結弦FS)

世界選手権2016、銀メダルとなった羽生結弦のフリーのタラソワ解説です。

ショートはこちら



羽生結弦2016ワールドFS:タラソワ解説



WC2016 Yuzuru HANYU FS 投稿者 arealy_ru
4S手 4T 3F FCCoSp StSq/ 4S倒+REP 3A3T 3Aot1Lo2S 3Lo 3Lzなんとか CSSp ChSq CCoSp
184.61=93.59+92.02-1
295.17

さ、静かにしましょう。

(演技終了)

いつもうまくできるわけじゃない。毎回世界記録の演技というのは不可能。なぜなら、彼は、自分の、全世界の、未来の記録を作り続けてきたから。シーズン終わりにかけて、ちょっと疲れたんでしょう。

でも、私が好きなのは…彼は本当に疲れていて、3つ目の、後半の4回転を跳ばなくてもよかったのに、彼はそんなことは思いつきさえもしなかったの。これが日本人。そうしなければならないところに、彼は進むの。

私は彼が倒れてしまうんじゃないかと思った。ずっと同じところに立ってるから。

素晴らしいプログラムを選んでくれたけど、今日は少し慎重に入ってしまったよう。ショートのような入りのアクセルをこのプロで見られなかったのは残念。間に合わなかったのかしら。

(最初の4S)
とても慎重だった。これはミスはあるけど跳びきった、という感じ。

(4T)
これはやりきったと言える。トウループはやりきった。サルコウはミス付き。

(後半4S)
いろいろな4回転…。これはちょっと上がりきらなかった。(※この後少し聴き取れず)

自分の立てた記録を破る何らかのエネルギーが足りなかった。でも、今回のショートはなんと素晴らしかったのでしょう。一昨日のことだったのよ!

いずれせよ、誰よりも高い点数でしょう。

(解説:なんと、技術点は羽生よりコリャダの方が上です)

それは凄いことね。でも、将来、羽生が、今日のコリャダみたいにきちんとしてるときを見たい。見られたらいいなあ。毎回記録を破るのは、ワールドと言えても、まあね…。

ショートであれだけ差をつけたんだから、いうまでもなく、みんなそこまでジャンプしても、回転しても届かないわよ!

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

2016/17シーズンルール変更(ISU Communication 2000) | Home | タラソワ解説:羽生自身は空気のない空間に一人でいる感じ(世界選手権2016SP)

コメント

No title

タラソワさん温かいなぁ…
昔はFSの最後にスタミナ切らしてしまう羽生君に
厳しかった覚えがあるのですごく嬉しいです

2016/04/07 (Thu) 00:19 | くるくる #mn6gys/M | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント