無料アクセス解析

平昌オリンピック出場資格要件、2016/17チャレンジャーシリーズ決定 -ISU Communication 2002

ISU Communication 2002に平昌オリンピック出場資格やチャレンジャーシリーズ等承認の情報がありましたので、メモ書きを。チーム戦は前回とあまり変わりないようですね。追加選手枠のミニマムが通常のミニマムとは別に設定されるかもしれないことと、開催国枠の扱いが違うところでしょうか。



ISU Communication 2002
http://static.isu.org/media/318629/2002-decisions-of-the-council.pdf
・ワールド2018は2018/3/19-25にミラノ(イタリア)開催決定
・16/17シーズンのチャレンジャーシリーズは10(新規はキエフのウクライナ・オープン)
・2018平昌オリンピック出場資格要件等承認


2016/17 チャレンジャーシリーズ


・ロンバルディア 9/7-11
・USインターナショナル 9/14-18
・ネーベルホルン 9/22-24
・オータムクラシック 9/28-10/1
・オンドレイ・ネペラ 9/28-10-2
・フィンランディア 10/6-9
・ウクライナオープン 11/9-13
・ワルシャワ杯 11/17-20
・タリン杯 11/22-27
・ゴールデン・スピン 12/7-10


2018平昌オリンピック関連


・ISUページ
http://www.isu.org/en/news-and-events/winter-olympics/olympic-winter-games-2018
・出場資格等
http://static.isu.org/media/309682/isu-figure-skating-en.pdf

・種目
 男子シングル、女子シングル、ペア、アイスダンス、チーム

・出場選手枠
 男女シングル:30
 ペア:20(40名)
 アイスダンス:24(48名)
 チーム:10*
 *チームについては、各種目の出場資格を持たない選手にチーム競技にのみ出場可能となる「追加選手枠」が1種目だけ配分されうる。「追加選手枠」は10選手までで、チーム資格順位で「不完全チーム」の上位から配分される。

・国別最大出場枠
 男女シングル:3
 ペア・アイスダンス:3(6名)

・年齢制限
 2017年7月1日より前に15歳に達していること

・ミニマム
 2018/1/29の最終提出期限日またはそれより前に達成していなければならない。ミニマムスコアは2017/18シーズン初頭に公表。

・出場者選別方法
D.1 男女シングル24枠、ペア16枠、ダンス19枠
 2017ワールドで決定(通常と同様の方法)

D.2 男女シングル6枠、ペア4枠、ダンス5枠

 D.1で枠が取れない国に各種目1枠のみ、ISU指定シニア国際大会(2017秋)の上位に基づいて配分

D.3 チーム戦
・上位10チーム
・各種目1人/組、個別種目の出場資格を持つ選手のみ出場可能
・各チームは少なくとも3種目に出場しなければならない。追加選手枠1枠を必要な場合で該当する場合は使用可能。
・チーム戦資格の資格ポイントは、ワールド2017とGPS/GPF2018と、必要な場合にはユーロ・4CC2017、ジュニアワールド2017、ジュニアGPS2018。
・累積資格ポイントで上位から10チームが出場資格を得る。
・原則としてGPS/GPF2017とワールド2017で資格ポイントが稼げる。各大会各種目各国上位1名のポイントを計算。
・同点の場合は、ワールド2017で高いポイントを得たほうが資格を得る。
・個別種目の出場資格を持つ選手がチーム戦に出場する。各個別種目で1枠しか持たないチーム戦出場国の選手は、個別種目かチーム戦かのいずれかを選ぶことはできず、チーム戦をスキップすることもできない。
・10チームがSP/SDをに出場し、その合計ポイントの上位5チームがFS/FDに進出する。

D.3.1 追加選手枠
・追加選手枠のミニマムスコアは、個別種目のミニマムスコアとは別なものになる可能性がある。
・開催国(韓国)枠は、追加選手枠の10に余りがある場合に、各個別種目に1枠ずつ配分されうる。その場合、男女シングルは31番目、ペアは21番め、アイスダンスは25番めの枠となる。ただしミニマムは必要。開催国枠は個別種目にのみ適用され、チーム戦には適用されない。

・使用されない枠の再配分
個別種目の枠を獲得したが使用しない場合、ISU指定シニア国際大会の最終結果に基づき、出場資格を得ていない国に再配分される。

・チーム戦:複数の資格取得者がいる場合の出場者の決定期限
SP/SD:各種目チーム戦SP前日午前10時
FS/FD:女子シングルSP後10分に予定されるチームリーダー会合でペアFS出場者を宣言。ペアFS開催日の15:30に男女シングルFS・アイスダンスFD出場者を宣言。最大2種目まで、SPとは違う人/組が出場可能。

・チーム戦の滑走順
SP/SD:チーム戦時点でのISUスタンディングの逆順
FS/FD:各種目SP/FD順位の逆順

・チーム戦順位決定
・SP/SDとFS/FDで1位10点2位9点…10位1点のポイント。ショートとフリーの合計で順位決定。
・タイの場合、異なる2つのベスト種目のポイント合計→2種目得点合計→3種目のポイント合計→3種目得点合計の順で順位で決定され、それでもタイの場合はタイ扱い。


2019年チャンピオンシップ開催申請地


http://static.isu.org/media/318967/isu-summary-of-championships-applications_2017-18_2018-19.pdf
※ISU Communication 2002ではありませんが参考まで。

・ワールド
2019/3/25-31 ザグレブ(クロアチア)
2019/3/18-24 さいたま(日本)

・ユーロ(1/21-27)
グラーツ(墺)、ミンスク(ベラルーシ)、ザグレブ(クロアチア)、タリン(エストニア)、キエフ(ウクライナ)

・4CC(2/4-10)
コロラドスプリングス(米)

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

エレーナ・ブヤノワ「ピトケーエフは腰の怪我の治療を続けている」「ソトニコワの来シーズンのSPはできた」 | Home | 2016/17シーズンルール変更(ISU Communication 2000)

コメント

コメントの投稿


非公開コメント