無料アクセス解析

エレーナ・ブヤノワ「ピトケーエフは腰の怪我の治療を続けている」「ソトニコワの来シーズンのSPはできた」

インタビュー記事はご無沙汰してしまいましたが、ブヤノワ・コーチの短いインタを二つ紹介します。



エレーナ・ブヤノワピトケーエフは腰の怪我の治療を続けている」


http://tass.ru/sport/3254089
タス通信 / 2016/5/1

アジヤン(・ピトケーエフ)はまだリハビリ中、治療中で、全力での練習はまだできない。もちろん、早く練習をしたいとうずうずしている。すでに新ショートとフリーの骨組みはある。アジヤンは素晴らしい青年で、素晴らしいスケーター。そして、かつてのコーチ陣の功績を過小評価してはいけない。彼女たちはアジヤンと素晴らしい仕事をしてくれて、素晴らしい結果を出してくれた。というわけで、今は私たち全員がアジヤンの最終的な回復を待っている。

* * *

エレーナ・ブヤノワソトニコワの来シーズンのSPはできた」


http://tass.ru/sport/3254084
タス通信 / 2016/5/1

アデリナのショートプログラムはもうできている。ピョートル(・チェルヌィショフ)が彼女に力強く華麗なプログラムを振り付けてくれた。今はフリーについて考えているところ。

マクシム・コフトゥンのショートプログラム振付についても作業が全力で進められている。彼のプログラムも、ピョートル・チェルヌィショフが作っている。振付はリンクが空いている夜に行われている。ピョートルのファンタジーを楽しんでいるし、感動している。彼はアイディアの泉。スケーターそれぞれにまったく違ったイメージを創りだしてくれて、スケーターを理解してくれていることについて、彼には感謝しきれない。みんなの来シーズンのプログラムはどれも素晴らしい出来。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

コフトゥン、ブヤノワ・コーチからゴンチャレンコ・コーチの下に移籍 | Home | 平昌オリンピック出場資格要件、2016/17チャレンジャーシリーズ決定 -ISU Communication 2002

コメント

コメントの投稿


非公開コメント