無料アクセス解析

第22回マスターズチャレンジカップに出場しましたが、まさかの音響トラブル

去る2016年5月21日(土)、東京・東伏見のダイドードリンコアイスアリーナで開催された第22回マスターズチャレンジカップに参加しました。

今回から40代男子のHクラスに。早めの時間帯(といっても、お昼すぎ)だったので、朝のコンパルから見学していました。





コンパル、こんなにジャッジに注目されながら滑るのとかすごすぎる…。

その後アイスダンスを挟んで、シングル競技が始まったあたりでウォームアップと着替えへ。

今回、Hクラスには文化放送の砂山アナが罰ゲームで参加することになっていたせいか、マスコミの取材とかも入っていました。
フィギュアマスターズチャレンジカップは、5月21日(土)です。

更衣室で砂山さんも着替えてましたが、さすがに演技前は声を掛けたりはできず…。というか、他の人から「もしかして砂山さんですか?」と聞かれたりしました。

棄権する方もいて少し早めに進行していて、12時半頃に5分間練習。フォアバックのサーペンタインクロス、バックスクラッチ、サルコウ→ループ→フリップトウ→ルッツ2回(1回めはミス)、ループ・ハーフループ・サルコウと慣らし跳び。9番目の滑走でしたが、1人棄権されたので8番滑走となりました。曲はシャーロック・ホームズ・メドレー。




[エレメンツ]
1F+1T
SlSt
Spiral
1Lo+1Lo+1S
CoSp
1Lz
SSp

ストレートラインステップが終わるところで、音響トラブルで音楽が止まってしまいました。そのままスパイラル→ループのコンボ(ステップアウト)と跳んだところでレフリーに呼ばれ、音源を確認。その後、途中から再開となりました。皆さんの温かい拍手に感謝。上の動画はトラブル部分を削除してつなげてあります。


正直、「えええ」と思って少し焦りましたが、その後も落ち着いて演技ができたと思います。躓いたりしたところもありますが、エレメンツは大体ノーミスでした。

結果、11人中4位の好成績に!テクニカルエレメンツは2.9、アーティスティック・インプレッションが3.0-3.1と、PCSが出た感じですね。

終わった後にジャッジの先生に講評を頂きました。

・まあ上手だけど、音に合わせて演技をするのではなくて、滑りで音楽を表現するのがフィギュアスケート。もっと大きく滑って欲しい。
 ←その通りでございます…。

・スピンの姿勢と回転数に気を使うこと。
 ←キャメルがちょっとでも入ったのが奇跡です…。

・アクセル入ったらテクニカルも3点台出るから来年頑張って。
 ←アクセル、跳べる気がしない…。

・スパイラル…?
 ←映像見直したら姿勢がおかしかった。ちゃんと軸足に乗れてないまま滑ってたのでふらふらしてました。


自分で見直して気づいた点

(良かったところ)
・ループ-ハーフループ-サルコウは落ち着いて跳べてた(ハーフループが<付きそうだけど)
・セカンドトウが綺麗に跳べて着氷後もフリーレッグを伸ばせていた。
・ステップできちんと端から端まで行けた。
・キャメルが入った!
・シットスピンで姿勢が認定ラインくらいまで低くできた。
・割と音ハメがしっかりできてた。

(悪かったところ)
・全体的に猫背、少し前傾。
・フリップとルッツ、トウを付く足が曲がってしまっていてスピードを活かせず低くなってしまった
・時計回りのツイズルでつまづき
・ブラケットのタメができてなくて足だけのターンになってしまっている
・スパイラル、きちんと軸足に乗れずにフリーレッグが上がっていない。背筋が緩んでる。
・ハーフループが回転不足か。
・キャメルの体勢がおかしい、スタンドスピンのトラベリング。
・音に合わせようとして振付が急いでしまっているところがある。

今後も精進いたします…。

終わってから色々な方に声をかけていただきまして、ありがとうございました!表彰式で賞状をもらって(8位までもらえる)、最後まで見たかったのですが別件のため会場をあとにしました。あとは暖房室で楽しみたいと思います。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

ロシア新シーズンプログラム情報まとめ1 | Home | 第22回マスターズチャレンジカップ(5/21@東伏見)に出場します(プログラム構成など)

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016/05/27 (Fri) 19:46 | # | | 編集

コメントの投稿


非公開コメント