無料アクセス解析

フィンランディア杯2016観戦情報まとめ

フィンランディア杯2016を現地観戦してきました!ということで、演技内容は別として、今後の観戦の参考として、フィンランディア杯観戦を考える方のため、色々情報をまとめておきたいと思います。

情報は2016年10月現在のものですので、来年までに変わるところも有るかと思いますが、ご参考まで。メモ書きをそのまま載せてるので、口調などがユラユラしておりますがご容赦を。



フィンランディア2016観戦まとめ


フィンランディア杯チケット発売


・チケット販売サイト
チケットマスター

・発売時期
5月上旬から通しチケットが販売され、個別日チケットの販売は8月から。

通しチケットは9列・10列・11列など、セクションの真ん中あたりの部分が多いような印象。私は10列目でしたが、私の周りは通しチケットの方ばかり(3日間メンツが変わらない)でした。

個別日チケットの方が、リンクに近い前列の席が割当てられるようです。直前に女子フリーの日のチケットを買った知り合いは、セクション211の3列目でした。

その代わり、通しチケットだと3日間で約70ユーロ(約8000円)ですが、個別日チケットですとそれよりは結構高くなったようです。

イベントチケット(通しチケットのこと?個別日チケットでも可能かどうかは不明)を持っていると、2日目以降は公式練習の観戦ができました。


セクション・座席


・ジャッジは210セクション。ジャッジ側ロングサイドは208-211セクションで、通しチケットは208、209、211セクションが売り出された模様。

・ジャッジはリンク目の前だが、テクニカルパネルとオペレーターの席が高い位置に作られており、210セクションは見づらそう。私がいた211の10列目でも、ジャッジの目の前は死角になっていた。

・選手入場口はジャッジ側210と211セクションの間。210がジャッジの後ろで見づらいため、211のジャッジ側前列が個人的にはベストな席か。

・キスクラは、会場奥手のショートサイド真ん中。ジャッジ側で言うと211セクションが近い。

・1階~2階席は8割がた埋まる。


会場・エスポーメトロアリーナ


Espoo Metro Areena
http://metroareena.fi/en



アクセス

ヘルシンキ・メトロアリーナ

ヘルシンキ・Kamppiバスターミナルから107番か109番バスで20分程の、Idrottsparkenバス停下車徒歩5分程度。これが一番近いと思います。Kamppiバスターミナルは、ヘルシンキ中央駅(空港からの路線の終着)から地下鉄1駅、徒歩7-8分。
ヘルシンキ・バスターミナル

ヘルシンキのバスは次のバス停を言ってくれないので注意。Google Map等で現在地を確認しながら行くか、運転手か周りの人に聞くかするのが確実でしょう。目安としては、進行方向右側に「Esport Arena」という体育館?が見えたら下車です。
メトロアリーナ

2017年には待望の地下鉄が開通している可能性もあり、その場合はUrheilupiston駅から徒歩10分強で行けるかもしれません。107番・109番バスは割と頻度も高く、大会が終わってもまだ走っていたので問題ありませんでした。

※追記(2016/10/19)
バスチケット

busticket.jpg

会場はヘルシンキ市内ではなく、隣のエスポーなので、ヘルシンキから行く場合は片道3.2ユーロかかります。デイチケットを買う場合はREGIONチケットになります(上の写真)。エスポー往復だけだと元は取れませんが、市内の移動や空港から中央駅までの電車にもREGIONチケットは使えるので、私はこちらの方がお得かなと思って購入しました。購入した瞬間から何もしなくても有効です。

ただ、上の写真を見るとわかりますが、自動販売機で買うとレシートみたいなのが出てくるだけで、カードとかは出てきません。後ろに並んでた現地の方に思わず「これでバスに乗れるんですか?」と聞いてしまいました。なくしそうで怖いです。


施設
・入り口は北側の目立たないところでした。入り口で一応セキュリティがありますが、初日のみバッグを確認されただけでほとんど素通り。ペットボトルの水は問題なく持ち込めました。

・入ってすぐのところに物販コーナー。投げ込み用の花は1本5ユーロ、2本8ユーロで、名前?メッセージ?書き込む小さなシールももらえます。プログラムは5ユーロで、プログラムを売っている人のところにその日の詳細スケジュールのプリントも置いてありました(こちらは無料)。


・ジャッジ側の2階には軽食スタンドが数軒。ピザ、ホットドッグ、ソフトクリームなど。コーヒーは2.5ユーロ、ピザセットで8.5ユーロくらい。一方、ジャッジ反対側2階はパブコーナーになっていて、飲み物を飲みながら観戦できる(おそらく、ホッケーの場合は予約席だが、フィンランディア杯では特に予約等はなさそう)。ちなみに、生ビール0.5L:8.5ユーロ。

・キスクラ反対側ショートサイドの2階はレストランになっていて、こちらでも飲み食いしながら観戦可能。


・食べ物持ち込みは、扉にはダメと書かれていましたがみんな持ち込んでいました。ピザやコーヒーはよく見かけました。


観戦



一番盛り上がってたのがシンクロ


テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

アルトゥル・ガチンスキー「羽生の滑りはシーズン初めで「緩み」があるように見える」 | Home | ロシア・カップ2ヨシカル・オラ:男子サヴォシン女子フェジチキナJr男子セメネンコJr女子パネンコワ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント